玉藻の部屋(Blog版・改)
9本尻尾のお莫迦な狐、玉藻が好きなこと書いたりするぺーじ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリキュア第3話の感想♪>引越し元から転載中
ふたりはプリキュア MaxHeartの第3話、
これって運命?ポルンとひかり接近遭遇!!の感想です。
キャプチャタイトルは「ドリル女接近中」。
変身シーンの一部ですが、ミラーコーティング(違)中の2人は
なぎさがぐるぐる縦回転、ほのかがぎゅるるんドリル回転しながら近づ
いてくるよ~になってます。

ac14d1df71a867b1800708acbb2350e6.jpg


今回のストーリーとしては、ポルンがヒカリに一目だけあうというのが
芯になってたようです。
長老や番人たちの日常生活なんかはすっごくいい感じでしたし、学校での
様子も「日常」って感じがしてよかったと思うデス。
その「日常」のおかげでヒカリの
「小学校の時の記憶がない、遠足も知らない」
という非日常な部分が目立つわけですしね。

まぁ、原画に関しては別にいいです。
最悪の作品見てたので「あれよりよきゃい~や」と悟りを開いちゃって
ますので(笑)

ただ、今回すっごく文句いいたいのは変身後。
戦闘に入ってからがもうダメダメだったのですよ~。

変身後、いきなり走って逃げ出す2人。
追いかける敵。
相手がひたすら攻撃を繰り返し、避けたりはじいたり。
薔薇のアーチが変化したザケンナーだったので、つるでの鞭攻撃とか
やってたわけですが……これも全然迫力なし。
戦闘シーンのほとんどで2人を同時にフレームに入れるためか、2人
におんなじ攻撃を行い2人におんなじよ~なアクションで避けられたり
返されたりなわけです。
なにやってるのん?って感じでアクションシーンと呼べるものではな
かったと思うわけです。

結局、逃げてる最中にツルのムチで2人同時に手を掴まれて停止、力
比べの最中にツルで持ち上げられて相手に引き寄せられます。
その引き寄せられたまま勢いなく近づいてキック、その反動で離れて
ツルを2人がおんなじよ~に引っ張ってザケンナーがコケちゃうわけ
ですよ、これが。
ここまで、まったく迫力、スピード感共になし!(T-T)

相手を引き倒してちょっと眺めてた後の台詞が、
「今よ!」
スピード感ねぇ~!!(゚Д゚)
ま、そこからはいつものマーブルサンダー「まっくすぅ~!」で終わり
という……。

戦闘以外はともかく、戦闘の演出は最悪です。
もとより、武器を使用しない、肉弾戦による戦闘を行うというのが売り
なのですからその部分はもっときっちり作りこむべきです。
強くなった、というのであれば迫力ある戦闘でそれを表現しなきゃ……。

決め技以外の部分で、きちんと変化をもたせた戦闘をやんないとダメだ
と思うのですよ、うん。

とりあえず、来週はヒカリがポルンで変身する
らしいのでそれが楽しみです。

今週の名言。
番人「やれやれ、またシークンを逃がしたら」
長老「ななみさんとほなみさんに顔向けが……」
番人「誰それ」
長老「んあ、あ、ありささんとはるかさん?」
番人「なぎさとほのかでしょ」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。