玉藻の部屋(Blog版・改)
9本尻尾のお莫迦な狐、玉藻が好きなこと書いたりするぺーじ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメのネギま!突っ込み所と突っ込まないところ
いろいろと突っ込みたいところのあるアニネギ。
おかしいやん!ってところもあれば問題ないところもあります。
ということで、なんかてきと~に考えてみましょう。
感想や考察のアイデアになれば幸い、ってことで♪

MN025y.jpg
何もないところに足が浮いてます。御祓いしたほうがいいでしょうか?


さて……何からはじめましょうか。

まずは、25話で一番突っ込みたかったネタ、
明日菜の魔法キャンセル能力から。

アニメのほうの作品中では、こう説明されています。
「悪魔との契約によって、『自分に魔力を近づけないように』なっている」

あれぇ?
おかしいところがいっぱいありますね。

まず、仮契約の魔法の対象となった上にかかりきってます。
カードまで出ました。
ネギから魔力供給まで受けてます。
魔力近づけない……?

それに、図書館島でのテストの朝を忘れてはいけません。
ネギの魔法によって、バカレンジャーたちが眠気すっきり、元気を取り戻しました。
……しっかり魔法の効果受けてるじゃん(^-^;

契約は施行されてないですから、契約解除しちゃってください(笑)

次は、突っ込まないところ。
画面外に出たエヴァさんの投稿地獄の呪いについて
これは、影響がないので間違ってないでしょう。
なぜなら、この時間のエヴァも呪われているからです。
エヴァが外に出るためには、その学園外への外出が学業の一環であると呪いの精霊が
納得する必要があります。
これは、学園長がエヴァの修学旅行合流について「呪いの精霊を誤魔化し続けていた」
事で判明していることです。
そして、この時代のエヴァさんは学園で精霊に見張られ続けてるわけです。
呪いの精霊は、エヴァが学園内にいることを確認しているわけですから呪いが発動するわけは
ないのです。

カシオペア(タイムマシン)のこと
時間移動に関して、概念が2つあります。
決定論と非決定論です。
決定論での時間移動は、それはすでに起きた事として扱われます。
すなわち、原作のごとくネギが一日を何度も繰り返すのも繰り返すべくして
繰り返している、ということです。
ここでは、何をやろうと歴史は変わりません。
なぜなら、歴史自体がすでに書かれている本でしかないためです。
成功することは成功すると決まっているし、失敗することは失敗すると決まって
いるのです。
そう、タイムパラドックスは存在しないのです。
カモくんの言った、「キャンセルしちまえ、次の俺たちにまかせよう」という言葉が
すべてです。
何度か戻ることになったネギは、その全てが最初のネギの時に存在していたのです。
ネギと刹那の薬で眠っていたときには、何人ものネギがすでに同じ日にいたと
いうことですね。
それは、すでに決まっているわけです。
コミックスを何度読んでも結末が変わらないのと同じです。

ところが、アニメのほうは非決定論で動いています。
すなわち、「過去を変えるために戻る」というのがそれです。
ちょっと考えると、これがおかしいことはすぐにわかります。
アスナが死ななくなれば、ネギが過去に戻る必要はなくネギは過去に行きません。
ネギが過去に戻らなければアスナは死ぬのです。
単純なタイムパラドックスですよね。
アニメにおいて、このパラドックスをどう解決してくれるのか非常に興味があります。
……いや、これまでの伏線のごとくほっとかれる可能性が一番高いわけですが(笑)

ハカセたちが魔法のことをしっていた事について
これは、ある意味当たり前です。
なぜなら、茶々丸のメンテをする時点でハカセは記録を検索できるわけですから(^-^;
それに、茶々丸が結界兵器を使用していますよね。
誰が作ったか、簡単に推測可能でしょう。
……アニメでは説明がないものの、茶々丸は一部魔法を使用しているわけですし(笑)
その辺の説明まったくなかったのはアレですけど、許容範囲ではないかと。

細かいこと。
・ナギ、血がでてないやん!?
・っていうかあんなでっかいので刺されたらショック死するやん!?
・っていうかっていうか、あそこ心臓ちゃうのん!?
・言葉わからへんドイツやのになんでみんなばらけて動いてるのん!?
・自縛霊、ドイツまできてるやん!?

それはそ~と、アニメでは写真のタカミチ似の人がタカミチ本人じゃなくタカミチの
師匠だって説明ないけど……みんな誤解しちゃってるんじゃないかなぁ?(^-^;
原作読んでる人間でも怪しいよ?(笑)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。