玉藻の部屋(Blog版・改)
9本尻尾のお莫迦な狐、玉藻が好きなこと書いたりするぺーじ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第21話「ど~なる? ど~する!? 禁じられた出会い」をみたですよ♪
はい、一日遅れのプリキュアMHですっ!
昨日はネギ関連のTBだけでぐて~っとしてました(^-^;

今回のテーマは、「出会い」?
なんか、ヒカリさん新たな出会いがいっぱいでした。

今回のぶっちゃけたあらすじ~♪
ヒカリがデートしてたら世界が止まってプリキュアがサーキュラスと戦った

PMH021c.jpg
なぎさの悪影響の図


突然この世界に現れたヒカリには両親がいない……その事実を明確に表した回でしたね。
そして、突然この世界に現れたヒカリには小さいころからの少女漫画などによる恋愛シミュ
レーションもないために異性という別世界の存在に対する認識がまったくない、というのを
示した回でもあります。

ふとしたことで、家出した少年とであったヒカリさん。
タコカフェの近くで再会して、最初にあったときに荷物拾ってもらったお礼にと売り物の
たこ焼きをプレゼント。
母親が煩いから一人前の男になるために旅に出たんだ、という少年。
親に色々言われる、という万人共通の話題を出したはずが、ヒカリには親がいないと判明
して慌てることになります。
本人は、少年が考えるように親を失った訳ではなくもともと存在してないためにショックを受
けたりはしてないものの、そんなのわかるわけはありませんからね。

ヒカリさんにしては珍しく、仕事をサボって(アカネさんにも言わずに出てきてたと判明)少年
と遊びまわります。
高いところから街を見下ろし、風の吹く中で横になる二人。
普通は、知らない男の子の前でねっころがったりしないのですけどヒカリさんそのあたり全然
無垢なので困ったもんです(^-^;
大輝君のほうも、それにつられて恥ずかしがらずに寝転がります。
鳥を見て、自由になりたいという少年に対しそれは休めるところがあるからだと言うヒカリ
なんか悪いほのかかなんか食べたんでしょうか。
自然が残る川で、綺麗な透き通った石を見つける大輝くん。
それを見ながら、親との思い出を回想しちゃいます。
大輝の自転車につけられた笹に、何かしているヒカリ、聞かれても秘密です。
親のことを聞くヒカリに、答える少年。
屈託のないヒカリに、素直に親のことを考えられるようになった少年。
大輝くん、さっき見つけた綺麗な石をヒカリにプレゼントします。

屋敷から出た少年。
一歩一歩自分の足で歩き、街に近づきます。
ビブリスさん、勝手に外に出したとお冠ですがサーキュラスさんは自分が絶対守るから、
となだめます。
他の2人はどうしたんでしょうか……2人で遊びにいったかな?

執事ザケンナー2人は、こっそり少年を尾行中です。
迷子だと思われ、警察に連れて行かれそうになった少年を助け女性に殴られたりひどい
目にあうザケンナーたち。
何かにとりついてないザケンナーだと弱いのでしょうか(^-^;

なぎさほのかヒカリを探します。
仕事中に何も言わずにいなくなるなんて、普段の彼女を知ってればありえない話だからです。
少年は、路地から飛び出し目の前を通った猫を追います。
サーキュラスは、そんな少年を上空から見守ります。
ヒカリは、大輝と一緒に歩いています。
そして、少年とヒカリが目を合わせたとき世界はその動きを止めました。
全ては黒く変わり、人々の姿は消え去りました。
メポミポにも、サーキュラスにも何がおきたのかわかりません。
少年は、目の前のヒカリがルミナスであることを知りました。
そのまま倒れる少年、ポルンが呼びかけても凍りついたように動かないヒカリ
ウィシュンの言う、「真実」が起き「出会ってしまった」のです。
サーキュラスに詰め寄られるヒカリを守るべく、なぎさほのかはプリキュアに変わります。
ルミナスの変身がないせいか、時間があったためフルバージョンの怖い変身シーン。
サーキュラスに連打を叩き込み押し返すプリキュア、動揺したサーキュラスは防戦一方です。
執事ザケンナーが少年を守るべく駆け寄ります。

サーキュラス、パンチ一発でプリキュア2人をふっとばします。
ヒカリの前で減速する2人。
埒が明かない、とみたプリキュア、いきなりマーブルスクリューの発動 エエ(゚д゚)エエ~!!
そこに現れたビブリス、無防備にヒカリのほうに歩くサーキュラスをみかねて声をかけます
が返事もありません。
仕方がないので、自分で少年と執事ザケンナー2人をマントで覆うと転移させます。
この辺で、ようやく放たれるマーブルスクリュー。
うぉぉぉとか言って耐えるサーキュラス……いや、避けてもいいし逃げてもいいのよ?(^-^;
しばらく耐えた末に脱出したようです。

少年とヒカリが離れたことで、世界は色を取り戻していきます。
なにかに開放されたように、座り込んでしまうヒカリ
心配して駆け寄るプリキュア。
そして、色を取り戻した世界に人が戻ってきます。
振り向くと、座り込んでいるヒカリをみて駆け戻ってくる大輝少年。

タコカフェに戻り、夏バテでもしたかなと心配するアカネさんに謝るヒカリ
自分が連れまわしたりしたからだ、と後悔する少年にそうじゃない、大丈夫としかいえない2人。
アカネさん……私……真剣な表情でアカネさんを見上げるヒカリ
具合でも悪いの?と心配するアカネさんに、「私、お腹がすきました……」と赤くなるヒカリ(^-^;
なんていうか、誰かさんのよ~に出されたたこ焼きをむさぼるヒカリさん。
なんか、悪いなぎさでもたべたんでしょうか?(^-^;
ヒカリの熱を確かめるアカネさんを見て、里心のついた少年。
夜遅くはなりましたが、家に戻って怒られたり抱きしめられたり。
ヒカリのつけた短冊は、大輝が母親と仲直りできますように、でした。

そのころ、夜空を見上げるヒカリ
ポルンが心配そうにそれを見守っています。
「あのこ……誰なんだろう……」
森の中の屋敷の窓からは、同じ夜空を少年が見上げていました。

次回は、久々に光の園の面々、長老や番人ウィズダムたちの出番があります。
多分、今回のことを問い合わせるシーンが先に上がってたのでそれを使ったのでしょう(笑)
あとは、アゴ魔人バルデスが襲ってきてプリキュアがピンチになるらしいです。

なんていうか……このシリーズの構成力の半分でもアニネギにあればねぇ……(⊃Д`)
なんか、シリーズ全体でちゃんと話が進んでるプリキュア見て泣きそうになりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。