玉藻の部屋(Blog版・改)
9本尻尾のお莫迦な狐、玉藻が好きなこと書いたりするぺーじ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRPGとリプレイ
最近、よくTRPGのリプレイ本を読んでます。
リプレイはもとより、TRPGってなに?といわれる方も多いかと思います(^-^;

TRPGというのは、テーブルトークロールプレイングゲームの略です。
コンシューマなどで「RPG」というジャンルがありますがアレのもとになった
ものだと考えてもらえればいいかなぁ。
つまり、数人のプレイヤーが集まってキャラクターを作って、そのキャラクター
たちの冒険をゲームマスターと呼ばれるプレイヤーが処理していくのです。
ようは、コンシューマでいえばゲーム機の役割でしょうか?
お話を作り、敵や町の人などの役をやってプレイヤー達の冒険をもりあげたり全滅
させたりするわけです……いや、滅多に全滅はしませんが(笑)
コンピューターと違って、人間ですから出来ないことが格段に減ります。
やっぱり、柔軟ですし(笑)

ジャンルも、剣と魔法のファンタジー、サイバーパンクや宇宙の冒険を楽しむSF、
現代やちょっと過去でいえばクトゥルフなどのホラー、現代日本などを舞台に巫女
や武闘家が化け物退治するような伝奇アクションものなどなんでもあります。

 GM「君たちが森を進んでいくと、離れたところでガヤガヤいう声が聞こえるよ」
 戦士「誰かいるのかな?」
 盗賊「調べに行ってみます(サイコロを振る)。うん、忍び足成功」
 GM「ああ、近くまでいかなくてもわかるね。槍をもったオークの一団が商隊から奪った荷物を運んでる」
魔道士「ああ、それが依頼のあった荷物かな?」
 戦士「不意をうって取り返しちゃおう」



大体こんな感じのプレイ風景ですね(イメージです)。
それぞれ、自分のキャラがどういう行動をしたかをGMや周りにつたえ、それで
ゲームを進めていくわけです。
これが、ゲーム機なんかのRPGならいきなり戦闘するしかないのですが……

 盗賊「えっと、自分はロープを持ってるんですがこれを足元に渡してピンと張りたいんですが」
 戦士「おびき寄せて足引っ掛けさせるんだな」
 GM「うん、この辺は木も生えてるしできるね」
魔道士「じゃあ、張り終わったらみんなで騒ぎ立ててこっちに呼び寄せよう」
 盗賊「倒れたら、油ビンぶつけてそれに火をつけようか?」
 GM「う~ん、火をつけるのに時間かかるからやめたほうがいいかもね」
 戦士「じゃあ、魔道士が離れたとこで騒ぎ立てて、俺は木の陰に隠れるよ」
 盗賊「あ、自分も隠れます。自分は技能あるから見つかりにくいよ」
 GM「了解、それじゃあオークの反応をチェックしてみるね……」



ってな感じで話を勧められるわけです(あくまでイメージです)
相手が人間ですから、柔軟に判断してくれます(笑)

リプレイというのは、上のようなプレイ風景を描いた書籍です。
ゲームの紹介にもなり、読み物としても面白いことから多くのゲームのリプレイが
出版されています。
私は、TRPGをプレイするのも大好きですがりプレイを読むのも大好きです(笑)

最近のお勧めは、「アリアンロッド」というゲームのリプレイです。
このゲームを作った人は、ネットゲームも大好きでそのフレーバーを混ぜて再現で
きるゲームを!と「アリアンロッド」を作ったらしいです(笑)
なので、僧侶なキャラのクラスがアコライトだったりします(笑)
スキルも、どっかでみたよ~なものが多いかも(^-^;

とりあえず、面白いリプレイですので一度読んでみてくださいませ♪
お近くの書店で立ち読みしてみるのも可(笑)
スポンサーサイト

テーマ:TRPG - ジャンル:ゲーム

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。