玉藻の部屋(Blog版・改)
9本尻尾のお莫迦な狐、玉藻が好きなこと書いたりするぺーじ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第15話「あこがれの先輩は大親友!?」をみたですよ♪
ふたりはプリキュアMH、今回は完璧でした。
ネギま!といい、文句のつけようがない話でした、ええ。

ぶっちゃけたあらすじ~
ヒカリにはじめての友達ができて遊びにいったらサーキュラスに襲われた。

今回はのテーマは、「ヒカリの感情の成長」でしょうか。

クラスでも浮いてたヒカリに初めての友人ができました。
一人でぽつんとおべんと食べてたヒカリを見た多幡奈緒と加賀山美羽という2人組みが休日
フリマに行こうと誘ってくれたのですね。
基本的には学校とTAKOカフェ以外知らないヒカリさん、戸惑いながらも誘われた事自体を
嬉しがってました。
まぁ、休みの日といえばかきいれどきだもんねぇ(^-^;

普通の中学生の休日を満喫して喜ぶヒカリさん、テンション高い2人に引っ張られながらも
嬉しそうです。
奈緒「九条さん、私たち同級生なんだからハイは変だよ、うんでいいよ?」
ヒカリ「……はぃ」

フリマ見物も一段落、一休みしてると憧れの先輩の話になりました。
異性の先輩に憧れてると話す奈緒。
見てるだけでドキドキしちゃう先輩っていないの?と聞かれて前回のなぎさを思い出しつぶや
いた言葉を、憧れの先輩の事だと取った奈緒は、自分もスポーツ万能のスーパーヒロイン、
なぎさに憧れてるんだ!と力説し始めます。
それを聞いた美羽は、なぎさもいいけど自分はほのかがよい、とこちらも力説。

奈緒&美羽がなぎさほのかのショートコントやったりしてると、お使い中のなぎさが通りかか
ヒカリに話しかけます。
憧れの先輩と友達が知り合いだった、というのが判って喜ぶ2人。
話しかけたりとおおはしゃぎです。

高校生達が3on3のバスケをやってるのを見て血が騒いだ奈緒、なぎさヒカリを誘って混ぜて
もらうことになりました。
そこに、図書館帰りのほのかもやってきて見物です。

でも所詮は高校生男子とバスケやってるのが一人だけの中学生女子、手も足も出ません。
「もうそろそろやめようか?」という高校生の言葉に憧れの人を不安げに見つめる奈緒。
その目を受けて、なぎさはもう少しだけ!と再挑戦します。
そこで、見物していたほのかがタイムをかけアドバイス。
1:なぎさはボールにもなれてきたみたいだしラクロスのシュートラインを思い出して
2:奈緒さんは2人が素人だっていうのは忘れて普段どおりに動いて
ヒカリ「……あの……私は……」
3:いつも、いい位置には立ってるみたいだからボールきたらシュートしてみて
……うわぁ、なんかヒカリだけスゴイアドバイスですよ?(笑)

そのアドバイス後いきなり動きがよくなるなぎさたち。
それをみて、ほのかへの憧れを強める美羽さん(笑)
限界超えたジャンプからのシュートを成功させ回りをビックリさせるなぎさ
これでファンも一安心です(笑)
あ、遠くに立ってたヒカリのところにボールが……。
シュートよ!の声に思わずボールを投げるヒカリさん。
あ、入った……ギャラリーから拍手が来ます。
それを見てたシークン&ピュアルも大喜びです……ってちゃんと椅子に入ってなさい(笑)
……とか思ってると、いきなりサーキュラスさんが世界を暗くします。
関係ない人はみんな倒れるし(笑)
ハーティエルにかなり興味があるようで、女王のいのちと一緒に連れかえって調べると言い
出します。
変身したプリキュアに向かって襲いかかるサーキュラス、2人はその猛攻を防ぎきった
上にきりきり舞いさせ押し返します。
どうせ虹の園はドツクゾーンに消されるのだ、と嘲るサーキュラスに、ヒカリが初めてむき出
しの感情を爆発させます。
そんなのは嫌だ!!、ヒカリは叫びます。
虹の園がなくなるのは嫌だ、みんなにあえなくなるのは嫌だ……そう叫んだヒカリ
ポルンに指示されるのではなく、ポルンに呼びかけ自分からルミナスに変身します!
なぜ無力な存在などを守ろうとするのか、というサーキュラスの問いに対し彼女たちは
無力ではない、自分を初めて誘ってくれた、自分を喜ばせてくれた、自分を幸せにしてくれ
たのだと。
サーキュラスが無力だと呼んだ彼女たちには他者を幸せにするという力があるのだ、と言う
ヒカリの「感情」が伝わってくるようです。
彼女たちは自分が守る!と宣言するルミナスに、ならば守ろうとするものごと消えろとその力
を集中するサーキュラス、みんなで力をあわせるポポと叫ぶポルン!!
そんな状態でサーキュラスが勝てるわけありません、渾身の一撃をあっさりと押し返され
逃げ出すのがやっとでした。

……そう、今回はザケンナーの出番がありませんでした。
ザケンナーとのバトルで時間を使う余裕がなかった、というのもあるでしょうけど
今回の展開を見る限り邪魔でしかなかったということでしょうね~。
いつもプリキュアが追い込まれるというシーンばかりですし……。

さて翌日。
なぎさほのかが2人で登校していると後ろからその日の朝当番で急いで
いる賑やかな2人が走ってきます。
その後ろからはさらに走ってくるもう一人の朝当番。
奈緒・美羽「ヒカリ、早く早く~!!」
ヒカリ「なお~、みゆ~、まって~!!」
昨日までは苗字で呼び合っていたのに、お互いを呼び捨てにするほど仲良くなった後輩たち
を見て、にっこりと顔を見合わせる先輩2人なのでした。

う~ん、今回は脚本に文句つける余地がないです!(笑)
日常生活パートといい、戦闘パートといい……蝶サイコーと言える出来ではないかと。
特に、普段のなんでやねんな戦闘シーンと違い時間が短かったせいかスピーディかつ
間延びしてないあたり素直に感動ですよ?
ヒカリが叫んだあたりは、涙でてきましたもん。
ネギま!19話といい、今週は泣いてばかりです(^-^;

……ということで、今回のプリキュアはマジお勧め!
スポンサーサイト
コメント
作画と脚本、両方とも良かったですよね(*´∀`)

一言ですみません。
でわでわ!
2005/05/15(日) 21:20:26 | URL | ウィング #QllWiVLc[ 編集 ]
をを、ウィングさんだぁ♪
いえいえ、きていただいただけで嬉しいです~♪

今回は、ほんとによかったです。
ひかりがあれだけ自分の想いを叫んでくれるとは。
成長したねぇ(⊃Д`)

戦闘シーンみると……ザケンナーのシーンってやっぱ邪魔なのかも(^-^;
2005/05/16(月) 22:18:09 | URL | 玉藻 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。